海外のローカル病院を通訳と受診[シグナの保険どこまで使える?通訳もいけるのか?]

シンガポールの生活情報
この記事は約2分で読めます。
yamachann
yamachann

シンガポールに住んでいるやまちゃんです。

英語がほとんどしゃべることができない、駐在妻をしています。夫の会社の不要に入っておりcignaという医療保険に入れてもらっています!

現地の日本人クリニックに通っているのですが、ある症状でローカルクリニックを受診することくを勧められました。英語がまともにききとれないのに医療専門用語なんて聞き取れる自信ない!ということで、日本人クリニックのほうから通訳の人を派遣してもらうことになりました。

この記事では、筆者の通訳付きローカルクリニックの受診したときの状況を説明していきます!

海外の医療事情

シンガポールでは医師はGP(General Practitioner)と呼ばれる総合診療医とSpecialistと呼ばれる専門医に分かれます。
シンガポールではまず最寄りのGPの診察を受け、「そこで解決しない場合は専門医に紹介してもらうという形を通常とります。もちろん、直接専門医を受診することもできます。
現在シンガポールで認可を受けている日本人医師の多くは、GPとしての登録であり、日系クリニックはGPのクリニックという位置付けになります。

https://www.singaweblog.com/
シンガポールの医療システム | シンガポールお役立ちブログ
シンガポールの医師シンガポールでは医師はGP(General Practitioner)と呼ばれる総合診療医とSpecialistと呼ばれる専門医に分かれます。シンガポールではまず最寄りのGPの診察を受け、「そこで解決しない場合は専門医に紹介してもらうという形を通常とります。もちろん、直接専門医を受診することもできます...

通訳さんと海外クリニックを受診!

日本クリニックを受診しま、依頼していたDrレターを受け取ります。

そして、紹介状費用を支払います。

通訳の人が必要な旨を事前に連絡したいました。基本的には日本クリニックの日本語と英語が話せるスタッフさんがついてきてくれます。

紹介されたクリニックで待ち合わせし、受診の受付を通訳さんにしてもらいます。

一通り通訳をしてもらい受診が終了したら、また、日本人クリニック戻り時間分の通訳料金を精算という形です。

通訳費用

通訳は1時間で8,000円程度で延長することも可能です!

私はcignaという健康保険に加入していますが、残念ながら通訳費用に関しては保険の申請は通らず…

ちなみにコンサルト料金も受理されませんでした!

Cigna Official Site | Global Health Service Company
Cigna, a global health service company, offers health, pharmacy, dental, supplemental insurance, and Medicare plans to individuals, families, and businesses.

シグナでは通訳料金を受理することはできませんでした…皆さんをお気を付けください!

タイトルとURLをコピーしました