運と縁を惹きつける大和言葉【美しい言葉でビジネスを勝ち抜け】

大和言葉

一言付け加えるだけで印象を大きく変える大和言葉をご紹介します。

大和言葉がビジネスシーンで勝ち抜く条件

仕事では自分の仕事の技量や知識量、コミュニティー能力が問われますよね。

ですが、出世するためには自分のポテンシャルのみではなく、大きく縁や運も必要となります。

自分でどうすることもできない運や縁を惹きつけるには、自分のアウトプット的なかかわりが必要になります。

大和言葉には、人に癒しをもたらすような余裕のある言い回しができることに加え、気遣いを感じさせる言葉が多くあります。

思いやりやあなたに興味があるという姿勢を言葉遣いでアピールすることできます。

「私はあなたにとってメリットをもたらす人間です。」

そう思ってもらうことで、信頼や期待となり、仕事の幅やキャリアアップする機会を引き寄せることにつながります。

運や縁を惹きつける大和言葉一覧

いただいたチャンスを、徒や疎か(あだやおろそか)にはいたしません。

や疎かというのは、粗末にするという意味です。

貴重な場面に誠意を示す意味でも、大切に機会をものにしますという使い方をしましょう。

あらましをご説明いたします。

あらましとは、概要やおおよその流れ、あらすじを指します。

物事の経緯や終始を話するというよりも、全体的な要点をかいつまんで説明することを指します。

私事(わたくしごと)で失礼いたします。

仕事の場でのプライベート事情での個人的休暇などをいただくときに使います。

仕事時間内にプライベートの事情を持ち出して申し訳ないのですが、という、気遣いを一言目でしめすことができるのであるい程度の融通を聞かせてもらえるきっかけになる可能性があります。

辞表を叩きつけている人のイラスト(男性)

この説明でおおよその目鼻がついてきました。

目鼻がつくというのは物事の予測がつくこと指します。

プロジェクトの見通しが立つことを示します。

福笑いのイラスト(ひょっとこ)

身の程を知らず、発言させていただきます。

身の程知らずというのは、自分の身分や能力をわきまえていない様を指します。

上司や年上の人に意見などをするときに、一言目に添えることで印象が良くなります。

おこがましいも同意で使われることがあります。

不手際がありました。

謝罪の際の一言目で使われることが多いですが、自分の落ち度を認め、失態を詫びる表現として使われます。管理不足で失態が起きた際には、「今後このような不手際が内容に、対策を講じさせていただきます。」のように使います。

袋小路から抜け出せない。

行き止まりの道を堂々巡りしていろんな策を講じてみて解決に至らない様を示します。

上司などプロジェクトの相談をする際に、助言を求めるときに添えることで自分の現状を説明することができます。

のるかそるかやってみるしかないです。

のるかそるかとは一か八かとほぼ同義です。ギャンブル的な要素もあり、どうなるかは運に任せる物事を思い切って行動をとる時に、使用します。

含むところがあるようです。

含むというのは心の中に潜めている意見や疑問などがある様指します。

簡単には言えないような意見ということなのでマイナスな不満などを抱えている様子をやんわり表現する際に使います。

とりなしていただいたおかげで、プロジェクトが完遂しました。

とりなすというのは、仲裁してもらう、仲を取り持ってもらうという意味があります。

ご助力いただいた人への感謝の意を示す際に使用します。

つまるところ

結局のところ、要するにという意味で使われます。

つまりという意味で使われることも多くあります。

携わる

ある業務に従事するという意味で使います。

誇りを持ってその業務に従事し、得たものがったという前向きな印象を付加することができるため好印象を与えることができます。

詳らか(つまびらか)にご説明します。

詳らかというのは、内容を詳しく述べることや詳細を明らかにすることです。

詳細と同意ではありますが、詳らかのほうが音が日本人のなじみ易く説明の導入には向いています。

白羽の矢が立ったようです。

白い羽のイラスト

白羽の矢が立つとは、昔話で神の生贄とし神が選んだ娘の家に白羽の矢が打たれたことが語源とされます。つまり、複数いる選択肢から抜擢されるという意味です。

抜擢とはいいように聞こえますが、面倒事を押し付けられる対象のようなマイナスの意味で使われることが多く、使う際は注意が必要です。

鑑み(かんがみ)ましても…

鏡を見る人のイラスト(悲しそうな女性)

参考にしたり判断材料に入れて考慮するという意味です。

過去の事例を照らし合わせて比較検討して考えることを指します。

自分行動を省みる(かえりみる)。

自分の過去の行いを反省して改善点があるような時に使います。

かいつまんで説明します。

話の要点をっまとめて話すことをかいつまんでといいます。

時間が限られている会議などで要領を得た提案をする際などのワンクッション挟みましょう。

折り合いをつける。

お互いの折衷案でまとめることを指します。

妥協し合うというマイナスなイメージというよりお互いが譲り合うようなスマートな解決時につかいます。

概ね問題なく進行しております。

概ねとは、大体という意味で、報告の際の枕詞として使います。

滞りがなく、予測の範疇で物事が進行している時に格調のある言い回しのほうが、任せる側も安心できます。


美しい日本語や言葉は言霊となって自分のプラスに作用してくれる機会を増やします。

運を惹く付ける言動を意識することで、より人間関係や職場環境を形成できるよう大和言葉を活用していきましょう。

コメント