使うだけで人も自分も癒される”大和言葉”がもたらす人間関係の効果

大和言葉

日本には、美しい季節を表す言葉「大和言葉」がたくさんあります。
これらの言葉は、日本の長い歴史の中で、日本に住む人々や日本に関係する人々によって受け継がれてきました。
「大和言葉」は、日本に住んでいた人たちからの贈り物であり、日本人がこれからも伝えていかなければならない大切な遺産です。

ソロプレイが評価される時代ですが、言葉で優しく助け合えるという信念を持ち続けなければなりません。

大和言葉の特徴

大和言葉とは、和歌や万葉集で使われる優雅な言葉を意味する古い日本語です。現在では日本語の語種の一つであり、中国語や外来語に対する日本固有の言葉です。

同音異義語の多い外来語は意志を正確に伝達することを妨げてしまう可能性があります。

それに引き換え、大和言葉(和語)は、日本人に意味が伝わりやすいという特徴があります。

大和言葉の印象

” 大和言葉 “には、人を癒し、落ち着かせる力があります。
大和言葉」には、日本人が過去に受け継いできた価値観が込められています。
言葉を学び直すことで、人々が大切にしてきた価値観を学び直すことができます。

大和言葉の偏移

家族や友人との会話よりもインターネットを利用することが多くなり、言葉への関心が年々薄れてきています。

語彙が減れば、表現の豊かさも失われます。
時代とともに失われていく、日本らしい美しい言葉を守っていかなければなりません。

将来の示唆

DX化に必要な原点

人間関係を築くためには、相手が理解しやすい言葉を選ぶことが大切です。
豊かな語彙力とコミュニケーション力のある言葉を身につけることで、人間関係を豊かにすることができます。

インターネットによる文面では、要点を明白に伝えることを優先されがちですが、ネットワークも人to人の人間関係であることに変わりありません。

人と人の摩擦によるトラブルを軽減し、癒しとゆとりを共有できる大和言葉こそ今後のDX化が進む将来に必要なスキルなのかもしれません。

あなたが言語を育てていく

時間や季節の移ろいを楽しむ日本人の性格や暮らしが反映された大和言葉は、高度成長期など急激な変化によって薄れていくこととなりました。

それに比例し、毎年の流行語大賞のような新語も生まれています。

大和言葉を伝承し続けるとともに、変化していく多様化する言語もまた100年後200年後の日本の大切な言語とることでしょう。


日本の美しい文化である「大和言葉」について説明します。

豊かな人間関係を気づいていきましょう!

コメント